投資信託のパフォーマンス評価って何?

パフォーマンスとは、本来は性能や・能力・成績・実績・行動・演劇等の意味がありますが、一般的には人目を集める為の派手な行動のこととして捉えられています。

 
演劇や音楽等や芸術の分野、スポーツの分野や、飲食の分野にまで取り入れており、派手な行動は盛り上がます。

 
古くはバナナのたたき売り等の大道演芸もパーフォマンスといえます。

 
唯政治家がこれをやると、中味の無さが目立ってしまい顰蹙を買ってしまいます。
投資信託においてパーフォーマンスとは、純粋な意味での各ファンドの運用成果・成績を指します。したがってパフォーマンス評価とは、ファンドについての分析・評価のことです。

 
投資信託をパフォーマンスを評価する基準として、騰落率・ベンチマークに対する超過収益率・リスクの度合等を使って総合的に判断をします。
騰落率とは、ある期間にファンドの基準価格がどれだけ上昇・下落したかを表す指標で、分配金を支払われると、分配金を出した分を基準価格に上乗せした基準価格を用いた評価を行います。

 
ベンチマークとは、投資信託が運用の指標として用いている指数です。
騰落率は、ベンチマークの値動きと、ファンドマネジャ-の腕による場合があります。
リスクとは騰落率の平均値から隔年の騰落率がどの程度離れているかのを求める数値です。