投資信託始める前に!

現在、金融の分野では規制緩和が進められていますが、そのような流れの中で金融市場には実に多種多様の投資用の金融商品が出回っています。

 
ご存知のように現在の預貯金の金利の水準は非常に低い状態が長年続いていますが、そのような状況下では預貯金のみで資産を大きく増やすことは不可能です。たしかに預貯金には元本が保証されるという制度があり、大切な資産の預け先としては安心できますが、資産を増やすという観点から見ると預貯金は十分のその役割を果たすことはできません。少しでも資産を増やしていくためには、これまでは敬遠しがちであった投資に目を向けてみる必要があるのです。

 
しかしながら、これまで投資をしたことのある経験がない人がいきなり、リスクの高い金融商品に手を出すのが無謀すぎます。一般的に投資を行う際には分散投資を行うのがリスクを軽減させるための有効な手段とされているからです。

gf0110053994l
分散投資をするためにはまとまった資金が必要になりますが、それだけの額を個人が投資のために用意することは非常に困難なことです。

 
そのような悩みを解消するための投資方法として近年、注目されているのが投資信託という金融商品なのです。この金融商品がなぜ注目されているのかというと、少額から始められるというメリットがあるからです。この金融商品では、大勢の投資家から資金を集めることでひとつの大きな資金を作ります。集められた金額は多額になるため、その資金を有望だと思われる投資先へ分散投資します。個人では難しい分散投資を大勢から資金を集めることで実現させているのです。